投稿

1月, 2016の投稿を表示しています

emacs のパッケージ管理を Cask から El-get にした

Caskはもう古い、これからはEl-Get - いまどきのEmacsパッケージ管理 を参考にしつつ El-get に移行しました。

onjiro/dotfiles
Cask 管理だったのですが、以前 cask update をかけたら環境が不整合を起こしてツライ事態になったので、バージョン管理が必要だと痛感したのでした。
動く分にはひたすら最新に追従していけば良いかなーと思っていたんですけどね。。。

経緯cask update かけたら色々と不整合起こしてツライ事態になった最近しょっちゅう magit のキーバインドが変更されていてツライcask でバージョン戻せないっぽい?あの頃に戻りたいどう?el-get-lock よいbundle.lockrequire は el-get-bundle! か :features に置き換えるinit-loader で分割したファイルのコンパイルで失敗するっぽいパスの問題だとは思う、、、が詳しいことはわからないel-get-cask 使えばよかった手作業の書き換え面倒全部 init-loader で分割したファイルに書いておきたいとかある・・・けど、そっちは後回しでもよかったなーちょっとハマったflycheck のインストールにちょっと手順が必要brew install texinfo; brew link --force texinfo 必要だったtexinfo のバージョン古いのが問題だったらしいOSX El' Capitan と Yosemite で確認flycheck-pos-tip を flycheck-tip に変更したどこかの時点で pos-tip.el がうまく動かないようになった?でも pos-tip.el はバージョンアップしてないような?pos-tip-hide(alias of x-hide-tip)が動かない??x-hide-tip とは・・・flycheck-tip なら大丈夫だったflycheck-tip は pos-tip.el ではなく popup.el を使用auto-complete も popup.el を使っていてちゃんと動くいけたmagit の古いバージョンを使うために依存ライブラリとのバージョン合わせmagit/magit :branch "1.4.2"ma…