PostgreSQLのコードを読む話(3)

前回の続き、フロントエンドとバックエンド間の通常操作サブプロトコルのひとつ、Queryを読んでみることにした。

ここから
https://github.com/postgres/postgres/blob/master/src/backend/tcop/postgres.c#L3969

exec_simple_queryに入った

https://github.com/postgres/postgres/blob/master/src/backend/tcop/postgres.c#L824
  • start_xact_command - トランザクション?いったん飛ばす
  • drop_unnamed_stmt - 名無しのステートメントを除去?一端とばす
  • MemoryContextSwitchTo
  • pg_parse_query - クエリをパースしてツリーを作るっぽい
  • コンテキスト戻している
  • ツリーをトラバースしている。。。
    • pg_plan_queries - クエリプラン作成?ここで色々しているとのこと
    • Portalってなんだろう?カーソルのことらしい
    • CommandCounterIncrement トランザクション関連らしい。飛ばす
      home/postgres/src/backend/access/transam/README トランザクションシステムの説明

pg_plan_queriesからオプティマイザーあたりに入った

  • プラグインでoptimizerのプランナーフックを仕掛けることが可能っぽい
  • pull_up_sublinks - any/existsを内部的にjoinに変形するらしい

オプティマイザーの全体を俯瞰した方がよいかと思いREADMEを見る

https://github.com/postgres/postgres/blob/master/src/backend/optimizer/README#L286
optimizerの動作についての説明がのっていた

時間切れ、次回はここから見ていこう。。。

コメント

このブログの人気の投稿

React で input 要素に focus したい話

PostgreSQLで多次元配列を1次元配列に展開したい

inotify でファイル監視しようず!